栄養科から食事について


【 管理栄養士より 】

在宅復帰を目指す老健での生活リハビリの一環で、大きな役割を果たしているのが日々のお食事です。ゆうむでは、多職種による食事サポートチームにおいて、特に食事摂取に課題のある利用者様に対し、安全に経口摂取を続けていただけるように努めています。

安心安全に配慮した、季節感あふれるゆうむのお食事をぜひお楽しみください。

【 食事内容 】

ゆうむでは、利用者様の状態に合わせた食形態にてお食事を提供しています。

≪ 常食 ≫
高齢者向けに、一般食のお食事よりやわらかめに仕上げています。

※写真は長寿のお祝い御膳です。

 

 

 

 

≪ やわらか食  ≫
咀嚼機能低下がある利用者様向けです。日本摂食嚥下リハビリテーション学会分類2013嚥下調整食3に該当します。一部の食材には酵素を用いた凍結含浸調理を導入し、見た目にも配慮しています。

 

 

 

 

≪ ムース食 ≫
嚥下障害が重度の利用者様向けです。ミキサーにかけた食材を、再形成しています。
学会分類2013嚥下調整食1jに該当する飲み込みやすいお食事です。

 

 

 

 

 

【 行事食 】

四季の行事に合わせて、季節感あふれるお食事を心がけています。

その一例をご紹介いたします。
≪ お花見会 ≫ ≪ 納涼祭 ≫
≪ 長寿を祝う会 ≫ ≪ クリスマス会 ≫
 

【 イベント 】

職人をお招きし、実演を行うイベントが開かれます。
≪ そばうち実演 ≫ ≪ 手作り豆腐 ≫
≪ にぎり寿司 ≫

日々の食事

一覧